image001                 

2011/06/23

 06/25一部修正済み

東日本大震災及び福島原発事故で被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

ご案内

 

内容

1.   RSM-03 1/350 戦艦三笠 前・後甲板改造キットの追加情報の発表と発売時期について

2.   RSM-02 1/350戦艦三笠 艦中央部改造基本キット(U)の発売時期・各パーツの開発状況について

3.   RSP-04 1/350 戦艦三笠 明治38年時47mm山内式重速射砲追加キットの発売日再延期

4.今後のプロモーション予定・製作希望の方若干名(最大3名の方)にRSP-1,3,4RSM-1,2,3,4,5を特別価格もしくは無償で提供します。条件は近日発表します。

.再度再度のご注意

 

                                                                                

 

本文

 

1.   RSM-03 1/350 戦艦三笠 前・後甲板改造キットの追加情報の発表とご案内について

 

RSM-03 1/350 戦艦三笠 前・後甲板改造キットの追加情報

以下の前・後甲板の図をご覧ください。一部の構造物を除いて全て改造する必要があります。

今回の発表部分は6/11までに一部の方々に公開したものをWeb上で示したものです。

623日現在、各パーツの位置出しやエッチングパーツの確定作業の為以下の図を含めて今まで発表した図とは

大きく異なります。十分ご注意ください。

 

H23.6.11現在のもの)

Copyright by Konishi Ltd. 2011 無断改変・コピー厳禁

 

番号

変更内容

@

錨鎖導板エッチングパーツ

A

階段ハッチの取り換え・大型化

B

小型通風筒・煙突用孔

C

キャプスタン形状ミス 突起6方向から突起5方向へ

D

トランク 位置ズレがあり取り替え・移動

E

■通風筒 形状不良 新規パーツに取り換え

F

大型階段ハッチ 位置形状ミス 取り換え・移動

G

アンカーベッド形状不良 削り込みが必要

H

アンカー架台の高さが不足 左右共

I

通行筒? 位置ズレ 移動

J

砲塔用通風筒 形状不良 新規パーツに取り換え

K

砲塔盾 形状不良 新規パーツに取り換え

L

副砲上部木甲板は1段高い為にレジンシートを追加

M

給炭口を追加

N

ボラードは一旦削り取り取り換え用パーツに置き換え

O

小型■通風筒を追加

P

天窓付トランクは削り取り但し位置に新規パーツを設置

Q

小型通風筒を追加

R

鎖巻揚機の形状不良 8孔→6孔 新規パーツに取り換え

S

竿基台の取り換え

その他

アンカーフック6か所をエッチングパーツで追加の予定

 

Copyright by Konishi Ltd. 2011 無断改変・コピー厳禁

上記のものは68日までに確定したものです。現在では更に変更箇所やパーツの配置が若干移動したりなど数多くの修正が入っています。特にキャプスタンは全く別物の新規パーツに変貌しました。その他工数が大幅に増加しました。 現在、レジンパーツは63点、エッチングパーツは2枚or 3枚構成を考えています。更に増える可能性があります。

710日頃発売を目指して作業を進めております。予価は\7,350円(税込み)と正式に決定しました。

 

木甲板シートは用意できません。自作をされる方の為に1/350の図面を添付致します。

プリンターの解像度の制限の為に一致させる事ができません。そのため図面は2バージョン(木甲板太め版と木甲板細め版)用意します。キットに入るのは「木甲板太めバージョン」の予定です。

 

. RSM-02 1/350戦艦三笠 艦中央部改造基本キット(U)の発売時期について

 

 RSM-02 1/350 戦艦三笠 艦中央部改造基本キット(U)は 千葉・幕張メッセで724日に開催されるワンフェス2011夏での発売を目指して開発を進めています。懸案であったボート甲板大型エッチングパーツの開発も一段落し、各パーツのすり合わせの段階です。

以下、構成内容を絞り込みました。

○ボート甲板大型エッチングパーツ

  エッチング 1枚 左右1組

  揚弾口 エッチングパーツ 1枚 16個

  指揮所構造物 は キットより切り落として再接着するよう指示します。

 

○後部デリック一式

  昨年12月東京ビックサイト・トレジャーフェスタで発表したモノと比較してデリック本体基部を支える構造物が変更になっています。

  キットとしては微細な構造でもあり、調整段階です。

 

  マスト側下部 デリック基部の軸・軸受下部・デリック根本側5m程度 レジンパーツ 3個

         軸受上部・軸受上部三角板・軸受下部三角板・取り付け台 エッチングパーツ 1枚

 

  マスト側上部 滑車外部パーツ 3組 6個 ・シャックル 3組 6個 マスト取付金具 2枚 

取り付け金具3個 エッチングパーツ

         滑車回転部分 3個

 

  デリック先端部 デリック上部滑車パーツ 1組 3個 デリック 下部滑車 2組 6

          上部滑車回転部 1組 2個 下部滑車

          先端フック 1

 

○艦載艇用ボート架台及び桁一式

  ボート甲板 架台4組 8個 レジンパーツ

  艦載水雷艇 エッチングパーツ1枚 架台2組 8個

  前部煙突横伝馬船架台 エッチングパーツ 1枚 架台4組 8個 + 中央伝馬船用架台 1組 2個 計10個

  中央部大型カッター用 エッチングパーツ 1枚 架台1組 4個 + 小型伝馬船用 架台1組 2個

  桁はIビームのパーツを用意する予定ですが、場所により■、I、Tと変遷します。また写真が無く不明な部分もあり

  推定になる部分があります。レジンパーツになるのかプラ棒・Iビームからの切り出し、エッチングになるのか

  確定していません。RSM-03の開発終了次第レジンパーツを作成の予定です。

 

○ボートダビット追加パーツ一式

  ダビット先端部小滑車 エッチングパーツ 2個x4

 

○掃海具と思われる大型の鋤一式

  桁 2個 エッチングパーツ

  鋤    レジンパーツ

 

○捨て灰装置関連は、解説のみ。

  0.2mm真鍮線でレールは再現指示説明のみになります。

  幸いに、右舷前部・右舷中缶室用のレールが写り込んでいる写真がありますが1/350ではその複雑な構造を再現するのは困難です。0.2o真鍮線を楕円形に叩いてからそれらしく引き回すしかない様です。

 

 

エッチングパーツ主体のキットになり特にボート架台の組立には根気が必要です。これらのパーツは写真での位置確認のみの

手段が無く、位置決めに手を焼く部分になっています。

 

予価未定 5000円前後を予定します。

 

後部煙突・前部煙突を修正したレジンパーツの提供はRSP-05/06を考えています。

 

 

3. RSP-04 1/350 戦艦三笠 明治38年時47mm山内式重速射砲追加キットの発売時期について

 

三笠搭載時に於ける砲基部の見直しが発生しました為遅れました。630日までには通販にて発売予定です。税込\1,050

 

本体・砲基部8台セット・盾エッチングパーツ8セット付属します。

レジンキットのため、バリ等を切り落とすための型紙も用意して、正確なサイズで再現できるよう配慮しています。

 (このRSP-04は単独販売として他のキットとの同梱の予定は今後ありません。単品でお求めください。) 

 

4.今後のプロモーション予定・製作希望の方若干名(最大3名の方)にRSP-1,3,4RSM-1,2,3,4,5を特別価格もしくは無償で提供します。条件は近日発表します。

 

NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」の最終年に当たりますが、日本国内においてほぼ100%正確な戦艦三笠の姿をした完成品は未だに存在しません。この様な現状もあり弊社のオプションパーツ製品開発は進められました。

今後、ドラマの放映に併せて戦艦三笠の市場が急激に膨張する事になりますが、これまでの国内市場で引き起こされた「間違い三笠を広めるだけの苦い経験」を繰り返さない為にも完成品の製作が急がれる事態となりました。弊社自身完成品製作に全く手が回らない状態です。

 この為、厳しい財政事情もあり、これまで開発したRS`P-01,03,04及び

RSM-01,02,03そして近く発表のRSM-0405及び製作についての情報を提供し1/350 戦艦三笠 日本海海戦時 の 完成品の製作と販売のサポートを行います。

 

条件については近日中に発表を行います。リソースが限られている事もあり、最大3名、2名様もしくは2グループまでが上限です。北陸・関西・中部・関東に募集を限らせて頂きます。

 

 

.再度 再度のご注意

 

 弊社事業等により著しく多忙です。そのためネットにおける誹謗・中傷を行う人物への確認作業が後回しになっています。

弊社に関する悪質なデマ情報と受け取られる書き込みもあり、看過できない状況です。

事態が進むようでしたら開発を中断してでもこれらネットストーカーを懲らしめる所存です。 

/25追記

 誤植やタイプミスを茶化しておもちゃにする匿名掲示板での書き込みが酷いです。ネットストーカーと言われる人の顔をした獣でしかありません。すでに容疑者と見られる人物は複数特定されています。何れ弊社・弊社代表への謝罪・加害者への賠償金の請求は行います。

 

三笠だけでこれだけの酷い書き込みがなされている訳です。他社で三笠の模型に参入やメディアに三笠の件を発表される方は十分ご注意下さい。

また、当方の発表した図を元にして戦艦三笠の図や模型を修正する事についてですが、権利者は弊社ですのでその点を尊重して頂きたく思います。営利目的であれば必ず「事前」にご連絡ください。残念ながら過去の経緯により特定の団体・特定の法人・特定個人についてはご利用を固くご遠慮願わなければならない事態です。法的には出来なくても弊社代表も感情を持つ人間です。某団体にある事ない事吹き込んだ某社や個人も分っています。弊社の成果を横取りしてお金に変える行為を発見次第調査の上無断利用が確認でき次第賠償を請求する可能性もあります。模型の成果として結論は同じでもそこまでに至る過程において、弊社は長い時間とお金そして数々の嫌な想いを乗り越えてたどり着いた成果が図面であり模型の造詣です。

2011年現在、弊社の研究・再現性を超える所は一社も個人も確認されていません。これまでに弊社が費やした時間とお金とそして詐欺被害とも言える事件。それらを乗り越えて弊社の戦艦三笠が完成した時には誹謗中傷や噂話を流して足を引っ張った獣達は沈黙するしかなくなるでしょう。今はネット社会です。その怖さも加害者たちには身をもって知って頂くしかないものと強く考えています。

 

マスコミ・政府関係者にはこの事実を既に伝えており、慎重にならざるえない状態と言えます。

 

更に追記

>調査不足だね。誰が見ても某考証ブログの方が上。

という書き込みがありましたが、数字の見えない考証は模型のヒントぐらいにしかなりません。写真と異なる記述も発見しており(本人は全く気が付居ない・更に珍説もあり当惑し切ったというのが本当です。)、更なるチェックを必要とする注意すべき内容があるのは事実です。更に具体的な構造物の数字が見えない・表現しない考証ブログを評価して欲しいと言われても困ります。正確な数字・もしくは正確に出そうとする跡が見られない文学的表現を評価の対象にしてほしいと言われても全くの筋違いです。現実、そのブログの作者は模型作りをどうされたのか記述が無く断念されたものと考えるのが妥当でしょう。さらに弊社の誹謗中傷を考える上に於いて重要な容疑者の一人であるのは間違いありません。今までコメントを避けてきましたがここに重要参考人の一人として警戒すべき人物であると表明します。

注意:

WORDの自動修正機能の為に一部図面が低解像度になりました。これ以上の情報開示はとりあえずご遠慮させて頂きたく思います。あまりにも酷い誤植や誤字ばかりへの「目くそ鼻くそを笑う」類の罵声には情報を提供するのも憚れると考えました。それを諌める人もいないのですし。

 

開発:発売元     有限会社 コニシ

921-8004

石川県金沢市米丸町106番地

TEL/FAX: 050-3557-9251

Mail : senkan_mikasa[at_mark]mbn.nifty.com

http://www.戦艦三笠.jp